時間はあるけど金が無い

お金の節約情報とお得なお話

初めてのネット証券ならSBI証券か楽天証券がおすすめ。それぞれの特徴も解説します

f:id:nontan26:20180212204036p:plain

インターネット証券口座を作る際のおすすめを知りたい

資産運用で投資信託を始めようと思うけど、ネット証券のことは全然わからないから

楽天証券 sbi証券のそれぞれの特徴を簡単に知りたい.

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事を読んでわかること 

おすすめのネット証券がわかる

楽天証券 sbi証券のそれぞれの特徴がわかる

 

この記事を書いている私も実際に2つの証券口座を利用しています。

記事内の数字等は各証券会社から引用していますので、信憑性は保たれていると思います。 

 

証券口座を作る際のポイントとは?

White Ipad

証券口座に関しては直接の窓口や営業をかけられることのないインターネット証券会社を利用することが初心者にとっては一番良い選択肢といえます。

ネット証券は店舗や人件費等を節約できるため、手数料などの面で店舗型の有名証券会社より初心者にとっては有利です。

なお、おすすめのネット証券ですが、結論から言ってしまうと、ネット証券会社でも特にsbi証券と楽天証券がおすすめです。(口座開設数でも1位2位です)

 

ネット証券会社を決める際の2つのポイントとは? 

では、ネット証券口座を解説する際のポイントについて解説していきます。

ネット証券を選ぶ際のポイントは商品ラインナップの多さ(希望する商品があるかどうか)と手数料の安さです。

 

この2点が重要なのは、資産運用を考える上でとても重要な要素となっているためです。

ラインナップについては、数が多いと自分の求める株や投資信託などの商品の購入の際より多くの選択肢をとることができますし、新たに商品が増えたときも即座に対応することが多いからです。

手数料はラインナップの豊富さよりも重要です。

証券口座の取引は金額に対し割合で手数料が取られます。

1円でも多く運用益を出すためには、非確実性な相場よりも、確実な手数料の節約が最重要です。

 

初心者のネット証券口座開設はSBI証券か楽天証券から選ぼう

初めてネット証券に口座解説を考えているのであれば、SBI証券か楽天証券から選んでおけばOKです。

つみたてNISAやidecoを考えている方も同じようにどちらかから選んでおけばOKです。

f:id:nontan26:20190227195632p:plain

画像はSBI証券のページより引用

この2社でどちらが良いの?という話はいったんおいて、どちらも上の項目で上げた商品ラインナップ・手数料の面でとても優秀です。

また、口座開設数も1位2位ですから、それだけ多くの方が利用している実績もあります。

とりあえずこの2社のどちらかでOKです。

 

sbi証券と楽天証券のそれぞれの特徴とは

ここからは楽天証券とsbi証券のそれぞれの特徴を簡単に解説していきます。

どちらか一方気に入った方で開設するのが良いでしょう。

もちろん両方口座開設して使い分けるという選択肢もあります。

 

SBI証券の特徴とは?

f:id:nontan26:20190227195730p:plain

SBI証券の特徴はIPOチャレンジポイントと会社四季報が無料で読める点です。

IPOチャレンジポイントについては以下参照

新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。 次回以降のIPOお申し込み時に、IPOチャレンジポイントをご使用いただくことにより、IPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントプログラムサービスです。

新規上場株式は割とローリスクハイリターンが見込める株式売買です。

人気株式はなかなかあたらない抽選なのですが・・・

このチャレンジポイントを貯めて使うことで当たりやすくなるということです。

会社四季報は上場企業の情報をチェックすることができます。

SBI証券はネット証券最大手かつ手数料もネット証券業界屈指の格安手数料です。(画像参照)

迷ったらまずはSBI証券で個人的には良いと思います。

私も最初に解説したのがSBI証券です。

 

 

楽天証券の特徴とは

f:id:nontan26:20190227200141p:plain

画像は楽天証券ページから引用

楽天証券の特徴ですが、手数料にも楽天ポイントつき、楽天カードを使えばクレジットカードで投資ができます。

溜まった楽天ポイントを投資に回すこともできるので、楽天ユーザーなら迷わず楽天証券です。

SBI証券では会社四季報を無料で見ることができましたが、楽天証券では日経新聞を無料でチェックすることができます。

ちなみに、手数料や取扱銘柄もSBI証券とほとんど変わりません。

  

SBI証券と楽天証券の使い分けのポイントとは

もしあなたが楽天ユーザー(楽天カードを使ったり、楽天市場での買い物が多い方)ならば、楽天証券のほうが使い勝手が良いです。

そうでないのであれば、SBI証券で良いでしょう。

 

この2社で取扱銘柄数や手数料は殆ど変わりません。

口座開設数では、SBI証券のほうが多く、業界第一位です。

ですから、迷ったらユーザーが多い理由でSBI証券で良いでしょう。わからないことがあってもユーザー数の多さは調べたりする際のわかりやすさにつながります。

楽天ユーザーは楽天証券のポイント周りのサービスは見逃せませんね。

本来楽天ユーザーでなくても、証券周りだけはカードで投資積立を行い、ポイントも投資に回している方も多いです。

これを期に一式揃えて初めて見るのもいいのかもしれません。

 

ネット証券なら初心者はSBIか楽天がおすすめ。それぞれの特徴を解説のまとめ

f:id:nontan26:20190114165355p:plain

初めてネット証券口座を作るのであれば

SBI証券か楽天証券でOKです。

どちらか一方選ぶなら、私はSBI証券で良いと思います。

この記事が参考になれば幸いです。