時間はあるけど金が無い

お金の節約情報とお得なお話

家賃を節約するために引越しをするのは効果的なのかを解説します。

f:id:nontan26:20190216143607p:plain

家賃を節約するために引越しをするのは効果的なのかが知りたい。

現在の家賃だと生活に余裕がなく、もう1ランク家賃を下げてでも固定費を削減したい

しかし、引越し代もかかるし・・・効果的な節約になるのかが不安

ついでに、引越すならできるだけ安く引越しをしたい・・・と考えていませんか?

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を読んでわかること

家賃を節約するために引越しをするのは効果的なのかがわかる

安く引っ越しを行うためのポイントについてわかる

 

この記事を書いている私は、仕事柄引越すことが多い人間です。

引越し経験も割と豊富だと思います。

 

 

家賃を節約するために引越しをするのは効果的なのか

家賃を節約するために引越しすることは効果的なのでしょうか?

これは住む年数によって、効果的かそうでないか別れてきます。

住む予定年数が多ければ多いほど、効果的です。

転勤族など、引越しが多い方の場合は節約のための引越しは避けたほうが無難です。

以下で詳しく解説していきます。

 

所得に応じた適切な家賃の賃貸を借りましょう

家賃は手取りの3割まで、できれば2.5割を目指しましょう

 

家賃は収入におけるもっとも高額な出費ではないでしょうか。

意識調査などによると、家賃は手取りの3割程度と回答する方が多かったようです。

もちろん都心部などでは厳しいこともあるかとは思いますが、概ね3割程度がスタンダードといえます。

ですから、家賃を節約するのであれば2.5割程度まで下げることができればいいですね。

 

出取り20万円ならば3割ですと、家賃7万円ほど、2.5割ならば5万円となります。

地方都市であれば、2.5割でも比較的平均的ですよね。

手取30万円なら10万円、2.5割ならば7.5万円になります。

こうしてみると東京の家賃価格だとかなり厳しそうですね。

 

必ず引越し先に住む予定年数や結果をシュミレートしよう

家賃が下がったとしても、引越し先に住む年数によってはあまり節約効果を期待できない場合があります。

 

仕事や、家庭の都合等で1~2年程度するとまた引越さざるおえないような場合は、引っ越し代と相殺できない場合も・・・

家財が多い方ほど引っ越し代は高くなるので、気をつけるようにしましょう。

なお、引越し代を安くするポイントについては後述していますので、確認してみてください。

 

引越し代には、家財の運送代以外にも、新住居の敷金礼金、保険などの手数料、現住居が契約途中だとすれば、解約の違約金などが発生する場合がありますので、1~2年程度しか住めないような場合は家賃の削減のみの理由で引っ越しするのはあまりすすめられません。

 会社勤めの場合は交通費が変わることも考えられますので、現在掛かっている費用が引越すことでどうなるのか、冷静に検討してみてください。

 

安く引っ越しを行うための方法とは

f:id:nontan26:20170907063304j:plain

家賃を下げるために引越しを検討している。

こうなったとき気になるのは引越し費用ですよね。

少しでも安くする方法も解説していきます。

 

転居の時期は必ず慎重になりましょう

会社員(転勤族)の異動時期や、学生など新生活を始める時期は避けましょう。

 

引越し業者・賃貸業者ともに繁忙期ですので、費用が高くなりがちです。

住居を決める際も、優良な物件は前住民清掃等が間に合っていないため、表に出てきにくいです。

時期的に需要はたくさんあるため、優良な物件を掘り当てるのはかなり厳しいです。

 

転居の時期ですが、3~4月・9~10月は避けましょう。

それ以外はあなたのタイミング次第でしょう。

 

賃貸業者の知り合いがいないか調べてみよう

もし知り合いに賃貸業者の知り合いがいる場合はとてもいい引越しができるかもしれません。

 

可能性として、仲介手数料が無料になったり、まだ清掃中等で表に出ていない賃貸住居を紹介してもらえるかもしれないからです。

 

仲介手数料は大体家賃の1ヶ月分程度取られます。

これが無料になれば節約のための引越しならばかなりお得ですよね。

もし手数料が浮くことがあればラッキーです。

 

礼金のない賃貸を選択しよう

敷金・礼金とよくセットで語られますが、意味は理解しているでしょうか。

節約ベースで考えるのであれば、礼金のない賃貸を探しましょう。

 

敷金は退去時などに修繕箇所等があれば補填する費用です。

特にそういった点がなければ、あなたに戻ってくるお金です。

礼金は大家さんのお小遣いです。払う理由が見当たらないですね。

 

「いい物件を見つけたけど礼金の支払いがあるみたいだ・・・」となった場合は、賃貸業者に交渉をお願いしましょう。

礼金の支払いについては、結構免除してもらえる場合も多いと思います。(土地柄によるとは思いますが・・・)

私は礼金払ったことないです。

 

持ち物の断捨離、プチミニマリスト化のすすめ

新居を決めるための費用も多額にかかりますが、引越し代も大きな負担ですよね。

今すぐ引越しする方も、そうでない方も、持ち物はなるべく軽くしておくことをおすすめします。

カバン1つで引越しできるようなミニマリストになる必要はないと思いますが。(趣味だと思うので)

彼らを見習ってモノをなるべく持たないようなマインドを持つことはとても良いことです。

 

引越し代は距離や時期そして、荷物の量で決まりますので、なるべく荷物は少なくしておくと引越し費用が浮きます。

いざ引っ越しするとなったときに身軽な方が安く、部屋もきれいに保てるので、すばやく移動することができまね。

 

引越しとは直接の関係はありませんが、お金持ちの家ほど物が少なく、貧乏な家ほど物が多いと言われています。

持つ持たない、捨てる捨てないなど決断の取捨選択ができないからでしょうか。

ものが多いなと感じている方はお金持ちを真似てみるのもいいかもしれません。

 

引越し業者は必ず相見積もりして競わせて交渉しよう

引越し代金を少なくするためには必ず業者の相見積もりが必要です。

ネットで安い1社を適当に見つけて見積もり依頼をかけるだけ。という業者選定は絶対にやめてください。

 

業者がはじめに提示する見積額よりも相見積もり(複数の業者に見積もりしてもらう)のうえ、再交渉を行うほうが安くなります。

3社程度でOKですが、一度見積もってもらったあとに、再度値下げ交渉をするほうが断然安くなります。

場合によっては初回の見積もり額の半額程度になることもあります。

 

複数業者に見積もり依頼をするのって面倒ですよね。

私は転勤が多く、引越しさせられる(会社に)機会が多いのですが、そういったときはネットで一気に見積もり依頼を行うことで楽に引越し見積もりを行っています。

見積もり依頼ですが、引越し侍や引越しラクっとNAVIなんかが良いでしょう。

引越し侍は今ならキャッシュバックサービスがあります。(期間限定)

引越しラクっとNAVIは面倒な電話がかかってこないことを売りにしているサービスです。

興味があれば以下を見てみてください。

 

どこから相見積もりしても連絡が来る業者はおなじみの引越し業者ですので、あまり結果はかわりません。

大切なのは利便性です。

そしてもっと大切なのは、どれだけ節約できるか に限りますよね。

読んでいただいた方の参考になれば幸いです。