時間はあるけど金が無い

お金の節約情報とお得なお話

なぜクレジットカードを使わないことが最高の節約方法なのか解説します

f:id:nontan26:20171113064822j:plain

クレジットカードを使わないほうが節約することができるのか

クレジットカードを使わない方が節約できるって聞いたけどなぜなんだろう

使ったほうがポイントを貯められてお得だと思うけど。

実際にクレジットカードを使わないと、どれくらい節約できるのかが知りたい

 

そんな疑問について解説します。 

 

この記事を読んでわかること

  • クレジットカードを使わないことが節約につながる理由がわかる
  • クレジットカードを使わないとどれくらい節約できるのかがわかる

 

クレジットカードを使わないことが節約につながる理由

f:id:nontan26:20170730125646j:plain

なぜクレジットカードを使わないことが節約につながるのでしょうか。

それは、クレジットカードがあるとトータル出費が増えてしまうからです。

以下で解説していきます。

 

リボ払いや分割払いで利息(無駄な出費)が膨らんでしまう

クレジットカードの機能として、分割払い・リボ払いがあります。

これらは買い物代金を複数に分けて支払ういわゆる借金(ローン)のような機能です。

この分割払い・リボ払いを活用している場合はかなりクレジットカードで出費を増やしていることになります。

 

理由としてはまず、利息という払っても何も得られない浪費が発生しているためです。

そして、分割払い・リボ払いについては回数や金額は違えど毎月一定額の支払いになります。

これは実際現金で購入したときに比べて、出費の感覚が狂ってしまいがちです。

サービス手数料である利息をとられ、感覚を鈍られられるため、出費が増えやすいといえます。

 

例えば、分割払いの手数料ですが、20万円の商品を10回払いで購入すると手数料が13000円かかります(実質年率14%で計算)

ばかばかしいと思わないでしょうか?私はもったいないとしか思いません。

リボ払いに関しては年率が更に高くなります。

利息は支払いが長引けば長引くほど金額が膨らみます。

リボ払いは支払いが長引きやすいシステムですので、払っても払っても返済が終わらないような事態になることもありえますので非常に危険です。

毎月の支払額は低いのでお金の余裕があるような感覚に陥ってしまうのも危険な要素です。

 

クレジットカードは現金払いよりついつい使いすぎてしまう

「分割払いなどは行わないで、すべて一括払いなら良いのでは?」という声もありますが、出費が増える理由はそれだけではありません。

クレジットカードが出費を増やす原因に現金会計と比べて、ついつい使いすぎてしまう点があります。

 

クレジットカードが手元にあると、お金が無くてもモノを買えてしまいます。

また、手元や口座残高がすぐに減るわけではないため、買い物をしたあとでもお金があると脳が勘違いを起こします。

これにより、その場で必ず必要ではないものを買ってしまう。または、買えなくても良いものも買えてしまうということが発生するため、浪費が引き起こりやすいと言えます。

 

クレジットカードを持たない生活をしてると、買い物中、手持ちの現金が足りないときは諦めるしかありません。理由は簡単、必ず必要ではないものだからです。

本当に必要なものを買うときはきちんとお金持っていきますよね。

しかし、クレジットカードで買い物をするようになると、迷ったら買おうという思考になりがちではないでしょうか。(特に小さな買い物)

個人の意思力による差が大きいとは思いますが、意志力に自信のない方は知らず知らずのうちに”細かい浪費”が繰り返されていると思いますよ。

 

クレジットカードを使わないとどれくらい節約できるのか

f:id:nontan26:20180717004847p:plain

クレジットカード利用の有無で日常生活においてどれくらいの節約が期待できるのでしょうか。

また、どれくらい浪費がかさんでいるのでしょうか。

 

クレジットカードを使わないと毎月3~4万円節約できます

 

実際にクレジットカードを使わないとどれくらい節約できるのでしょうか。

クレジットカードを使わなければ毎月3~4万円の節約効果が見込まれます。

 

これはどういったことなのでしょう。

理由としては、クレジットカードに関する研究で、クレジットカードを使う買い物とそうでない買い物では、クレジットカードを使ったほうが23%も多く出費すると示されているからです。

そして、総務省家計調査によると、単身世帯の平均の支出額は16~17万円となっているため、3~4万円という数字になります。

 

23%も?と思うかもしれませんが、スーパーに買い出し行った際、1000円~2000円多く買い物をしてしまっただとか、衣類などを購入する際、想像よりも多少高額なモノを買ってしまった経験はだれしもがあるはずです。

この経験だけでも23%程度は超えてしまっているんです。

誰しもが毎月4万円節約できるとは言いませんが、誰にとってもかなり大きな節約効果がみこまれるのではないでしょうか。

 

金銭感覚に自信のある人のみクレジットカードを使うべきである

クレジットカードが浪費を引き起こしがちという解説をしてきましたが、クレジットカードは上手に扱えばとても便利なものであることは間違いありません。

ですから、金銭感覚に自信のある方のみ使うべきといえるでしょう。

 

クレジットカードの利便性は言うまでもありません。

現金がなくても払える利便性・即効性。

公共料金なども自動で支払うことができるのはとても便利ですよね。

クレジットカードによっては、ポイントが付きますしお得な点は多々あります。

 

クレジットカードの利便性の裏に浪費を引き起こすからくりを理解した上で、適切な金銭感覚を持って使うぶんには便利なツールであることは間違いありません。

 

金銭感覚のない人がクレジットカード利用者並に得する方法

クレジットカードは便利ですが、金銭感覚に自信のない方はどうすればいいのでしょうか。

お得なサービスを享受したいと思いますよね。

そういった方はデビットカードがおすすめです。

 

デビットカードでは使った分がすぐ口座から引き落とされますので、現金が目減りしていく様が確認できます。

公共料金の引き落としも可能ですし、カードによってはポイントを貯めることができるのでとてもお得です。

 

クレジットカードを使わないことが最高の節約になる。まとめ

f:id:nontan26:20190114165355p:plain

この記事では、クレジットカードを使わないことが節約につながる理由・クレジットカードを使わないとどれくらい節約できるのかについて解説してきました。

結論は以下の通りになります。

クレジットカードをつかわないと節約になる理由

  • 分割払い・リボ払いによる手数料の支払いがある
  • 現金払いに比べて、心理的に使いすぎてしまう要素が詰まっている

 

クレジットカードを使わないと節約できる金額について

  • カード使用の有無で利用金額の20%は節約可能
  • 単身世帯であれば、3万円ほどの節約が期待できる

 

よかったら参考にしてみてください。