時間はあるけど金が無い

お金の節約情報とお得なお話

一人暮らし社会人の正しい節約方法【わかりやすく解説】

f:id:nontan26:20190130190155p:plain

一人暮らしも慣れてきたので、節約しなきゃいけないけどどうしたら良いのだろう。

社会人になって仕事には慣れてきたけど、常に財布の中は学生時代と変わらない・・・貯金とかもしなきゃいけないのに・・・

一人暮らしの20代~30代の若手社会人はどのような節約を行えばいいか知りたい。

ついでに、少ない給料の足しになるような方法もあれば知りたい。

と考えていませんか?

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事を読んでわかること

  • 一人暮らし社会人が行う基本的節約の方法
  • 忙しい人でもできる簡単なお小遣い稼ぎ方法

 

一人暮らしでもなぜ節約が大切なのか

節約術を学ぶ・知っておくということはとても重要なことです。

節約が重要な理由はずばり、今の収入を増やすのはとても難しいからです。

今この記事を読んでいるあなたはお仕事をしてお給料をもらっていますよね?

給料は勤め続ければ上がっていきますが、ごく僅かな会社を除けば、昇給なんて微々たるもの。

しかも2018年現在消費税増税が予定されています。

これにより、使えるお金がどんどん少なくなっていくわけです。

 

入ってくるお金はこの先あまり変わらない、または少なくなる・・・そんな時代。

そこで必要になってくるのが出ていくお金をへらす(節約)ということになります。

今後お金に困らず生きていくための節約術について、紹介しておきます。

節約術といっても面倒くさがりなあなたでもできるような、簡単でより効果的なものをご紹介します。

 

ありがちな間違った節約術

節約術と聞いてどのようなイメージをするでしょうか。

安売り品やお得用の数十円安い商品を買ったり、電気をつけたり消したり、暖房を使わなかったり・・・そんな節約は面倒なだけですし、ただでさえ職場で溜め込んだストレスが助長されるだけですのでやめましょう。

これらはいわゆる間違った節約術になります。

 

では正しい節約術とはどのような方法でしょうか。

 

一人暮らし社会人の正しい節約術とは?

f:id:nontan26:20171113064938j:plain

節約とはどのような意味でしょうか。一般的な意味では無駄を省いて切り詰めることを節約といいます。

では、簡単にできて効果的な節約方法は以下の内容になります。

  • 無駄な固定費の削減を行う。
  • 身の丈にあった生活を送る。

これだけです。

以下で解説していきます。

無駄な固定費の削減を行うのが最大の節約方法

まずは、無駄な固定費(毎月決まって出ていくお金)の無駄を省いて切り詰めていきます。

理由としては、お給料で入ってきたお金が出ていく先として、一番ウェイトを占めるのが固定費だからです。

家賃から携帯代、タバコ代まで様々なものがあります。

詳しくは一人暮らしの人が節約すべき固定費とは?【代表5選】のページで詳細を解説していますので、参照ください。

 

身の丈にあった生活をおくるように心がける

無駄な固定費を削減することに繋がりますが、節約するためにも、身の丈にあった生活を送ることが重要です。

若い方の多くは(私も含めて)毎月安いお給料で働いている人が多いのではないでしょうか。

残念ながら入ってくる量が少ないので、切り詰めて身の丈に生活を送らないと破綻してしまいます。

高価なモノや、多額の費用がかかるコト、というのはとても魅力的ですよね。

SNSの普及もあって他人のモノやコトが簡単に情報として手に入ってしまうので、ついつい同じような体験を求めてしまいがちですが、自分の身の丈にあっているかどうか、確かめるようにしましょう。

目先のモノに飛びつくのは貧乏人の思考です。裕福な人は無駄遣いをせず、資産や自己に投資し続けるような人たちです。

思考だけでもお金持ちと同じ考えを持ってみませんか?

 

節約の目的をはっきりさせるのが成功の鍵

「ムダにお金を使っているのはわかっているけどやめられない。」・「気がついたらなくなっている」方も多いと思います。

そんなあなたは節約のための節約をするのではなく。何かを購入する(体験するためにお金を使う)ために節約することを目標にしましょう。

こうすることによりゲーム感覚で取り組むことができます。

自分律する能力が高い方は節制して暮らすことができると思いますが、皆が皆そうではありません。

目標(目的)を作るのが何かを成し遂げるには重要です。

節約においてもそれは同じことです。

また、節約して老後のために・・・と考えるのはやめましょう。

節約して手に入れるべきはきちんとした金銭感覚であり、十数年後の口座残高ではありません。

 

お金を貯めるための最適解とは?

さて、あなたにはどんなムダな支出がありましたか?

スマホを乗り換えますか?

毎日の外食ランチをやめますか?

はたまた禁煙してみますか?

なにか一つでも削減してみましょう。

削減対象を定めたら今までの生活から想定される入ってくるお金のがくと出ていくお金の額を科目ごとに書き出してみましょう。

そして余ると予想される金額=節約できそうな金額を給料日に先取り貯金できるようにしましょう。

先取り貯金はメリットが多く最もためやすいです。

 

節約しても・・・それでも足りないあなたへ

f:id:nontan26:20180212203814p:plain

節約しても入ってくるお金が少なく、ひとり暮らしをしているとどうしてもカツカツ・・・そんなあなたはおおよそ今回書いた節約内容については実践していると思います。

どうしても月々入ってくるお金の量は人によって違います。

足りない場合は補うしかありません。

補うといえば副業を行うしかないのですが、副業といっても就業後のアルバイト(在宅ワーク含む)やはやりのパパ活など自分の心身を疲労させるようなものではかえって生活費がかかってしまいコスパが良くないです。

そこで重要になってくるのは心理的・肉体的にリスクが少なく、多少生活の足しにできるような小金稼ぎです。

月に1万円程度稼ぐのであればポイントサイトで十分です。

ポイントサイト最大のメリットは安全に楽にお小遣いを貰える点です

毎日のネットサーフィンのついでに良い案件がないかチェックするだけですので私も活用しています。

詳しくはこちらの記事を見てみてください。