時間はあるけど金が無い

お金の節約情報とお得なお話

仕事帰りのコンビニで無駄遣いをしてしまう方へ、やめる方法を紹介

 

仕事帰りにコンビニで無駄遣いしないようにするための方法をしりたい

ついつい仕事帰りや学校帰りに立ち寄ったコンビニで無駄遣いしてしまいます・・・

財布がカツカツなので、辞めたい習慣なんだけど、やめられない。

どうしたらやめられるかが知りたい。

 

そんな悩みへの解決方法を解説します。

 

本記事でわかること

  • なぜあなたは仕事帰りにコンビニで無駄遣いしてしまうのか
  • 仕事帰りコンビニに立ち寄らなくなる方法がわかる

 

なぜ、仕事や学校帰りにコンビニで無駄遣いをしてしまうのか

f:id:nontan26:20171113064410j:plain

無駄遣いや必要ない買い物・・・わかっていても、ついつい仕事帰りにコンビニに立ち寄って買い物、してませんか?

1回500円だとしても毎日やってしまうと約18万円、仕事の日だけ立ち寄る場合でも年間で12万円ほどになります。

すべてがすべて無駄遣いというわけではないでしょうが。

不要な浪費、行っていませんか?

「どうすればやめられるのか」を解説していきます。

 

仕事帰りにコンビニで必要のないものを買ってしまう人は習慣化している

 

ほぼ連日、仕事帰りにコンビニに立ち寄り、時間とお金の両方を無駄遣い・・・

そんなあなたの行為は、習慣化・癖になっているといえるでしょう。

いわゆる悪い癖(悪習慣)ってやつです

 

おそらく、最初は何気ない動機でしたが、継続が積み重なることで仕事帰りにコンビニへ立ち寄ることが習慣となってしまっている方はおおいはず。

そして、人間は、習慣化してしまったことを途中で辞めるのを拒む性質があります。

ですから、小さな意思を持っている程度ではコンビニ通いを脳がやめさせてくれません。

自分の意志とは関係のない習慣の力で、あなたはコンビニで無駄遣いさせられているのです。

 

朝起きて歯磨きをするかのごとく仕事が終わるとその足でコンビニで浪費を繰り返す。

わたしも同じ悪い癖がありました。

私の場合、休日も立ち寄っては小銭を浪費していましたから、トータルで言えば数十万円以上無駄遣いさせられていたといえるでしょう。

 

習慣化しているので、疲れている仕事帰りはやめにくい

 

すでに習慣化していることをやめることは大変です。しかも、仕事帰りなどの疲れているタイミングでの習慣を止めることはもっと難しいです。

 

悪い習慣を止めるには仕組みづくりと意思力が必要ですが、仕事などで疲れている状況では意志力が弱っていると言われています。

1日の終わりで仕事などで疲れている夜は最も意志力が弱い時間帯です。

ですから、なおさら仕事帰りのコンビニ通いは辞めることが難しいのです。

 

朝や昼間。または、休日の夜よりも仕事帰りのほうが誘惑に負けて無駄遣いしてしまった経験はないでしょうか。

これもやはり、一番誘惑に負けない意志力が弱っているのが、仕事帰りだからと言えるでしょう。

 

仕事帰り・学校帰りに無駄遣いしなくなる方法

f:id:nontan26:20190109193607p:plain



なぜ仕事帰りのコンビニ通いがやめられないのか、という話についてここまで解説してきました。

次からはあなたの財布を脅かすコンビニ通いをやめる方法を解説したいと思います。

今回はコンビニ通いの話ですが、他の悪い習慣にも応用できるかもしれません。

 

まずは、癖になっていることを受け入れよう

 

まずは、コンビニ通いが癖になっている、悪習慣ということを認めよう。

 

悪い習慣ということを自分自身で意識することは大切です。 

意志力があるときには辞めようという思考を持つことができるからです。

結果として仕事帰り立ち寄ってしまっても、何も考えないかよりは少しでも内省するほうが効果的です。

 意識し続けることは、習慣を変えることに大切なことですから。

 

3日間コンビニに行くのを辞める

 

習慣を断ち切るにはやはり新たな習慣で上書きするのが効果的でしょう。

そのために、最低3日コンビニ断ちを行いましょう。

 

まずは、3日行かないことで、冷静に見つめ直すことができ、自分の生活や幸せに必要のない習慣であったということがわかります。

そして3日、4日、5日と行くことを辞めると、なぜ時間とお金の無駄遣いをしてのだろうと思うことと思います。

1週間も行かないと、仕事帰り自然にコンビニへ立ち寄っていた足も、まっすぐ自宅の方へ向かって歩いてくれるようになるでしょう。

 

仕事帰りのコンビニ浪費癖を治すのに一番の手段は、そもそもコンビニのある道を通らないということです。

見慣れた看板が目に入ってくると「仕事帰りにコンビニで浪費する」が習慣化してしまっている人はついついコンビニへ立ち寄ってしまいます。

ですから、目に入らない。寄りたくても寄れない仕組みづくりをする必要があります。

帰り道ですから、多少遠回りになるルートで帰っても問題ありませんよね。

繁華街や大都会に住んでいる方は難しいとは思いますが、それでも見ないようにしたり、早足で通り過ぎることは可能だと思います。

意思だけに頼ってやめようとするのではなく、意思が弱っているということを受け入れ、仕組みでやめる方法をとるのが一番だと私は考えています。

 

この記事のまとめです。

 

最後にまとめになります。

この記事では以下の内容について解説しました。

  • なぜあなたは仕事帰りにコンビニで無駄遣いしてしまうのか
  • 仕事帰りコンビニに立ち寄らなくなる方法がわかる

 

私自身、高校生くらいの頃からコンビニで無駄遣いをする悪い癖がありました。

10年以上、少ない財布の中身でコンビニへ貢ぎまくってきたことになります。

最近、どうにかこのコンビニでの無駄遣い癖をなくすことができましたので、同じように悩んでいる方の参考になれば幸いです。