LINEモバイルへ乗り換えでスマホ代がどれだけ安くなるのか

  • 2019年1月30日
  • 2019年7月22日
  • 節約情報
  • 39View
  • 0件

LINEモバイルに切り替えるとどれくらい安くなるのかが知りたい

現在大手キャリア(docomo・AU・Softbank)のスマホを使っていて、携帯代が高いと思っており、毎月の携帯代を安くしたいから、LINEモバイルに興味がある。

あと、大手キャリアに比べてデメリットについても知っておきたい。と考えていませんか?

こういった疑問にお答えします。

この記事を読んでわかること

  • LINEモバイルに切り替えると毎月のスマホ代がどれくらい安くなるのかがわかる
  • ラインモバイルのデメリットがわかる

この記事を書いている私は実際にdocomoからラインモバイルへ乗換えを行っています。

実際の金額もご紹介しますので、信憑性はあると思います。

LINEモバイルに切り替えると毎月のスマホ代がどれくらい安くなるのか

実際に大手キャリア(docomo・AU・Softbank)からLINEモバイルに乗り換えた場合どれくらい毎月の携帯代が安くなるのかを

  • 端末持ち込みの場合
  • 端末を新規購入する場合

2パターンで解説していきます。

大手キャリア(docomo・AU・Softbank)から今使っているスマホはそのまま切り替える場合

大手キャリアからスマホはそのままで、契約会社のみをラインモバイルへ切り替えた場合は、おおよそ5,000円~6,000円程度、毎月の携帯代が安くなるでしょう。

大手キャリア(docomo・AU・Softbank)で契約している場合、契約プランにもよりますが、8,000円~10,000円程度毎月の支払いがあると思います。

ラインモバイルを含むいわゆる格安スマホであれば大体月々2,000円程度しかかかりません。

ですから、おおよそ5,000円~6,000円程度毎月の携帯代が安くなります。

f:id:nontan26:20190130193316j:plain

たとえば、ラインモバイルでは3ギガのプランで1,600円、5ギガのプランでも2000円程度となっています。(通話が必要ですので、音声通話SIMを見てください。)

docomo・AU・Softbankで同じようなプランを選択した場合は7,000円以上はしますから、かなり安くなることがわかると思います。

結論:LINEモバイルに変えるとおおよそ5,000円~6,000円程度、毎月の携帯代が安くなる

大手キャリアから切り替えとともに機種変更もする場合

大手キャリア(docomo・AU・Softbank)からラインモバイルへ切り替えと同時に機種変更を考えている場合は、おおよそ4,000円~5,000円程度毎月の携帯代が安くなります。(ラインモバイルより購入できるiPhoneSE(30800円)を使用した場合。)

大手キャリア(docomo・AU・Softbank)で契約している場合毎月8,000円~10,000円程度の支払いがあるのはそのまま切り替える場合と同様ですが。機種変更を行う場合は機種代が上乗せになります。

安価な機種であれば割安ですが、最新機種が使いたい場合はsimフリー版を買うことになりますので、機種代がまるまるかかることに注意する必要があります。

高額な買い物がはじめに必要ということになりますが、その後は毎月2,000円程度で運用できるためお得であることには代わりありません。

docomo・AU・Softbankでスマートフォンを買い換える場合、ショップによっては機種代がかなり安くなることがありますよね。

一見お得に見えるのですが、料金プランを不要に高額なものを選択する必要があったり、オプション加入が義務付けられている場合がほとんどです。

店舗からすると販促のために、機種代を他の部分で補っているだけです。

ラインモバイルを含む格安スマホの場合は最新端末が欲しい場合は自力で購入する必要がありますので、初回出費は多くなりますが、トータルで見ると安くなります。

10万円の端末(最新のiphoneなど)を買ったとしても2年使用計算で、月割した端末代が4000円程度、通信料は約2000円ですから、端末購入+LINEモバイル運用は月々で考えると6,000円ほどとなります。

大手キャリアで購入すると10,000円以上はしますから、スマホを買い替えた場合でもdocomo・AU・SoftbankよりLINEモバイルのほうがお得であることは変わりません。

結論:新しいスマホを買っても、おおよそ4,000円~5,000円程度毎月の携帯代が安くなります。

ラインモバイルのデメリットとは?

Man in Black Shirt and Gray Denim Pants Sitting on Gray Padded Bench

毎月の携帯代がかなり安くなることは理解できたと思います。

しかし、安さの裏にはデメリットもありますので、しっかり理解しておいたほうが良いです。

大したデメリットではないと思いますが、人によっては意外と重要かもしれません。

大きなもので2種類のデメリットがありますので、確認してみてください。

通信速度が遅い時間帯があるというデメリット

LINEモバイルにも、格安スマホ特有の通信速度が遅くなる問題があります。

ラインモバイル含む格安スマホ会社というのは、大手キャリア(Docomo・AU・Softbank)から回線を借りて通信を行っているので、どうしても回線が混雑する時間帯、場所では回線主が優先されるのが実態となっています。

ラインモバイルはdocomoとSoftbankの回線を利用しており、この速度問題についてはdocomoにおいてより顕著に現れます。

一方Softbank回線の方はピーク時でも速度遅延が少なく、比較的スムーズに使うことができますので、いまから契約する予定の方はSoftbank回線の方を選びましょう(契約の段階で選べます。)

docomoと回線を共有している格安スマホ会社は多いので、ラインモバイルもdocomo回線を選択した場合、お昼休みなどはWebページの読み込みにストレスを感じる方もいると思います。

そういった方は、SoftBank回線で契約しましょう。

SoftBank回線の会社は少ないため、docomo回線と比較すると通信速度が10倍以上違うようです。

キャリアのようなメールアドレスが使えない

大手キャリア(docomo・AU・Softbank)ではメールアドレスのサービスがありますが、ラインモバイルではそのようなサービスはありません。

もし、キャリアメールのアドレスが必要な方にとっては重要なデメリットになります

しかし、昨今はラインやSNSでのやり取りが多く、キャリアメールはあまり使わないという方が多いと思います。

多くの方はgmail等で代替可能ではないでしょうか。

つまり、大手キャリア(docomo・AU・Softbank)のメールアドレスサービスについて、デメリットと言える場合と言えない場合があるということになります。

最後に、私の切り替え体験談をご紹介します

Person Holding Space Gray Iphone 6

私自身は切替えてとても良かったと考えていて、やはり大きな理由として、毎月の携帯代がかなり安くなったからです。

私は以前docomoユーザーだったのですが、毎月の携帯代が9000円程度でした。(ちなみに利用できる通信量は2ギガでした)

これくらいの方が多いのではないでしょうか。

しかし、ラインモバイルに変更してからは、毎月の携帯代が1,600円になりました。(通信量は3ギガののプラン選択)

つまり、毎月6,000円以上も安くなったわけです。

年間でいうと72,000円ですから大変な削減ですよね?

私個人の意見ですが、変更して特に困ることもなく、もっと早く変えていればよかった・・・というのが私の体験になります。

手続きをめんどくさがる方も多いですが、年間で70,000円以上も浮くわけですから、それに比べれば大した労力でもありません。

食わず嫌いは損ですよ。

本記事では「LINEモバイルに切り替えるとどれくらい安くなるのか」という点について解説しました。

結論としては以下の通りになります。

大手キャリアからLINEモバイルへ切り替えると毎月の携帯代が5000円~6000円程度安くなる。 

参考になれば幸いです。

最新情報をチェックしよう!