時間はあるけど金が無い

時間だけはあるので副業ネタなど。実践&紹介します。

20代の半数は貯金なし?20代はどう貯金すべきか

「節約を繰り返して、ようやくお金が溜まった節約を繰り返して、ようやくお金が溜まった」[モデル:千歳]のフリー写真素材を拡大

20代で働き出すとの多くの方がまずは仕事の悩みを抱え、慣れてきたと思ったら多くの方がお金について悩みます。

「私の年収低すぎ・・・」とぼやいたり・「周りと比べて全然貯金できない」なんて悩みは尽きないですよね。

みんなが悩むこのお金の悩みですが、お金に関する多くの書籍でご紹介されている考えを個人的にまとめましたのでご参考ください。

 

 

 

20代は実際いくらもらっていくら貯金しているのか

会議の資料をまとめる会社員

いくら貯金すればいいのか・・・と考える前に、まずは20代の平均年収とそこからどれだけ貯金をしているか、政府や企業が調べたデータをもとに見てみましょう。

20代の平均年収

20代の平均年収は346万円だそうです。

中央値は300万~400万円ほどとなっています。

平均年収ですが、30代、40代年を取りキャリアを積んでいくにあたって、年収も100万、200万と増えていくようになっています。

ですから、一部のエリートを除き20代の年収は全労働者の平均からするとかなり低い部類にあたります。

ちなみに日本人の平均年収(非正規除く)は男性が500万円、女性が350万円ほどみたいです。

20代の平均貯金額

20代の平均貯蓄額は184万円だそうです。

そして中央値は0円です。

20代の45%は貯金が0円となっています。

つまり、多くの20代はほとんど貯金していないことがわかります。

まだ学生の方や就職前の方を含めても少々多い数字ではないでしょうか。

 

20代はなぜお金が貯まらないのか

財布を開けたら1円しか入ってなかった、貧乏が悪いんや・・・

20代の約半数が無貯金で過ごしているということがわかったと思います。

ではなぜ、20代はお金が貯まらないのでしょうか、理由は単純に20代は所得が低いからです。

そして多くの方は学生時代を終え、自立し1人暮らしを始めます。

今まで親に負担してもらっていた生活から自活へ変わることになりますが、生活に最低限必要な所得しか得ることが出来ないため、大抵は親元よりも貧しくなることがほとんどでしょう。

自営業やアルバイトなどとは違い会社勤めの方は働けば働くほど貰える所得が増えるというものでもありません。

このご時世働き方改革なども行われており、ますます手取りが減っていく一方です。

 

20代で貯金額にこだわるのはもったいなすぎる

一部の方を除いて、20代のうちは多くのお金を稼ぐことは難しいです。

まだまだ年功序列型賃金の会社が多く、若者の給与は出し渋る企業が多いので、普通の生活と多くの貯金をするということは難しいです。

ですので、その中でいくら貯金ができるかというのはどれだけ生活の中で楽しみを我慢して、通帳の数字を増やすゲームのようなものになってしまいます。

20代にしかできないことはたくさんあるので、ここでお金を使わずに我慢我慢の生活をするのはもったいないですし、我慢するだけで貯金を作り、正しい金銭感覚を身に着けない。となってしまうと、所得が増えた段階で揺り戻し的にお金を浪費してしまう醜いおじさん・おばさんになってしまいます。

 

結論:20代はもしものときの蓄えがあれば十分

では20代は貯金をする必要はないのでしょうか。

たしかに20代は貯金額に拘る必要はありませんが、貯金0でいいというものではありません。

本来貯金をすることはもしものための備えです。

働いている間は給与等一定期間でお金がもらえますが、病気や失業などで働けなくなってしまった場合途方にくれてしまうことになります。

つまり、想定外が起きても行きていくためのものです。

なので、もしものための備え分、年収の半年~1年分を目標に貯金をすることを目標にすると良いでしょう。

 

20代は自己投資にお金を使うことが最重要

「ノートと筆記用具ノートと筆記用具」のフリー写真素材を拡大

無理して貯金をする必要はありません。

では、少ないお給料は何に使っていくといいのでしょうか。

答えは自己投資に使っていくのがベストです。

今現在の端金を貯金をするよりもこれから貰っていく給与や所得をすこしでも増やしていくことの方が重要だと思いませんか?

そのために、積極的に自己投資して自分を磨く期間が20代です。

貯金だけして成長の無い30代以降と積極的に自己投資を行い、将来性のある30代以降どちらが魅力的でしょうか。

 

また、20代でしか出来ないこともたくさんあります。

20代でやることはすべてが投資と言えるでしょう。

語学や知識を吸収するために勉強することだけではなく、友人と遊んだりすることも投資です。

そんな中でも20代でやっておきたいのが時間と体力を使うことです。

例えば旅行では、20代の体力がある時の方が単純に歩ける距離が多いですよね?

つまり、いろいろなところに行き、いろいろなチャレンジができますが、高齢になると体力的な限界や家族がいると時間的な制約があったり、無理が出てくるでしょう。

感性も豊かですので、同じ金額を使うにしても、得られるものは20代の方が遥かに多いのです。

ですから、20代のうちは様々なチャレンジをすることが重要だと思います。

 

20代は貯金金額ではなく、金銭感覚と貯蓄習慣を身につける事が重要

20代の内に身に着けておきたいのが金銭感覚と貯蓄習慣です。

金銭感覚というのは自分がここにお金をかけたいという点に拘ること、メリハリをつけたお金の使い方ができるようになるということです。

何でもかんでも良いものを食べたり、身につけたりするのではなく、同じようなものなら安い方、ここは拘るなど自分の中でルールを設け目利きする能力を身につけることができるようになりましょう。

貯蓄習慣ですが、20代のうちには貯蓄はそこまで重要ではありませんが、30代以降は貯金の重要性は上がっていきます。

ですから、20代のうちに貯蓄習慣を身につけることが重要です。

おすすめはやはり天引き貯金です。

金額については手取り給与にもよりますが、10~20%から始めてみてはいかがでしょうか。

 

「20代は人生で一番鮮やかな時期」後悔せずに生きよう

絵具とパレット筆

20代という時期は誰にとっても「人生において一番鮮やかな時期」そして、今後どんな深みのある色になっていくかを決める重要な時期だと私は思います。

今回はお金の悩みについてですが、仕事・人付き合い・今後の人生など悩みは尽きないかと思います。

なかでもお金の問題は皆が抱えますが、20代のうちでしたら解決が難しいものではありません。

正しい金銭感覚と貯金習慣を身に着け、精一杯自分へ投資してあげるのが一番正しいお金の使い方(付き合い方)です。

よかったら参考にしてみてくださいね。