時間はあるけど金が無い

時間だけはあるので副業ネタなど。実践&紹介します。

独身・ひとり暮らし家計簿の選び方は?紙?アプリ?Excel?

f:id:nontan26:20170904062910j:plain

こんにちはnontan26です。

家計簿つけてますか?

家計簿と言えば世帯者がつけるもの?

いいえそんなことは無いですよ。

「お金の管理に自信が無い・毎月赤字生活・収入が少ないと思っている」一つでも当てはまるなら今日からつけてみてください。

劇的にとは言いませんがじわじわと上向きになってきますよ。

 

 

家計簿の付け方は3種類

紙媒体、いわゆるノートタイプのやつ、本屋に売ってます。

安くて500円くらいからあって始めやすい。

アプリ、マネーフォワード・Zaimらへん。

無料ダウンロードできる(課金することもできる)

Excel(Googleスプレッドシート)家計簿、要Excel(Googleアカウント)Web上に高性能なものが落ちてる。

三者三様ですのでそれぞれ見てみましょう。

 

家計簿紙媒体の場合

家計簿といえばこれって方が多いでしょう。

手書きが好きって方はこれ一択。

気軽に始められて気軽に辞められます。笑

メリットとしては、手書きですので、好きなように自由に項目を設定し書き込める自由さが最大の長所です。

また、アプリ等に比べてツールの使用法の知識やPC知識等がなくても使いこなすことができます。

デメリットはクレジットカード決済分が書き込みにくい・毎日記入が難しい点です。

クレジットカードは利用月に現金が出ていかず、翌月に出ていくので記入が面倒になりがちです。

また、紙媒体やExcel管理の場合は週末や月末にまとめて記入ということが多くなります。

すると、いざお金を使うタイミングで「あとどれくらい今週(今月)使えるのか」「今現在どれくらい家計収支はうまく出来ているのか」といった疑問には答えられません。

使ったらすぐに記入する習慣ができればいいのですが、結局は使いすぎた後で纏めて記入してしまうので、「今月も使いすぎてしまった」などといった状態になりがちです。

また、毎回固定支出の記入をするのが億劫になりだんだんと手をぬいてしまったり(実体験)なんてこともあります。

しかし、記入をし、月の収支をチェックするだけでも非常に有意義なものです。

収支のコントロールの第一歩です。積み重ねていけばお金の管理ができるようになるでしょう。

 

家計簿アプリの場合

お勧めしたいアプリはマネーフォワードになります。

アプリのメリットは全ての情報を簡単に集約でき・スマホ1台あればどこでもチェックできることです。

クレジットカード・口座・財布の中身・保有する電子マネーをすべて紐付けたうえで毎月の理想収支を登録すると、お金の流れが透明化され常にチェックできることからお金の管理がとても簡単になります。

特にクレジットカードとの紐付けを行うと完全自動入力になりますので、めちゃくちゃ便利です。

ただし、クレジットカードによって決済後反映までの時間がかかる場合がありますので、使用中のカードとの相性は要確認です。

※アメックス・三井住友系列は反映が早いです。

また、買い物中なども「今月あとどれくらい使えるのだろう」といった疑問に即座に答えてくれるところがとても優秀です。

手書きの家計簿もExcelで作成した家計簿も更新出来ないと管理に滞りが起こりますし、持ち歩くことができないのでレスポンスは悪いです。

アプリだとスマホでいつでも確認できますよね。

デメリットとしては、個人情報を登録する点・アプリの操作方法(使い方)を覚えなければならない点が挙げられます。

個人情報の取り扱いは心配ですよね。

マネーフォワードとの通信は、最高水準の暗号方式「2048bit」のEV-SSL証明書を利用した方式を採用しています。 また、お預かりするデータと銀行等の認証情報は、異なるサーバに暗号化して保存し、アクセスについては制限を設け、厳重な管理・運用を行なっております。

※マネーフォワード公式より引用

しっかりと作っているようです。

しかし、100%ということはあり得ませんから、不安な方はいらっしゃると思います。

操作方法ですが、慣れるまでは苦労するかもしれません。

現金決済を行った場合手入力が必要になりますし、予期せぬ費目立った場合手直しを行う必要もあるので、「簡単に完璧な家計簿をつけることができる」とはいかないでしょう。

とはいってもWeb上にたくさんの解説サイトがあるので、慣れれば問題ないでしょう。

 

Excel(グーグルスプレッドシート)家計簿の場合

手書き家計簿とアプリの中間がこのExcelを使うパターン。

メリットとしては自由度が一番高い点が挙げられます。

手書きの家計簿も自由度は高いのですが、計算が面倒だったり、字が汚かったり・・・笑

アプリは自動で便利なんだけど、アプリ家計簿に反映させたくないものがあったり、収支の費目が上手くいかなかったりといまいち正確に使いこなせない・・・

そんな方にお勧めできるのがこのExcelで管理する家計簿です。

Excelなので自動計算はお手の物、入力を忘れなければ自由に費目を分類し収支も思い通りに正確に記録できます。

また、Excel家計簿を作成し配布している有志の方もたくさんいらっしゃいますので、多少Excelが使える程度でしっかり運用することができるのも大きなメリットです。

デメリットとしては、やはり入力漏れが懸念されること・PCを立ち上げなければいけないこと・Excel慣れしていない方には難しい点が挙げられます。

 

お勧めしたいのはコレ

家計簿ツールを選ぶ際に決め手となるのが

  • 現金派かクレジット派か
  • 細かく管理か大まかに管理か
  • 手書きとPCどちらが得意か
  • マメに記入することができるか

以上4点が決め手になります。

 

「今回は独身・一人暮らしの人」というテーマです。

一人身だと世帯のように細かく収支管理を行う必要はないのではないかと考えられます。

また、全て一人でやらなければいけないので、忘れがちになりますよね?

なのでおすすめはアプリでの管理になります。

なるべく手間を省くことができ、お金の流れを把握・使いすぎの抑制にききます。

 

家計管理することの重要性

なぜ家計簿をつけるのかを考えてみましょう。

  • お金の流れを把握し無駄を探すことができる
  • 決めた予算の中で使いすぎの抑制を行う

この考え方が、「お金の管理に自信が無い・毎月赤字生活・収入が少ないと思っている」から脱却するために必要です。

 

当ブログでは日々の生活に少しでもゆとりが生まれるようなお得情報を発信しております。

ポイントサイトなんかを有効活用すると小銭稼ぎをすることはできます。

ですが、まず第一にどれくらいのお金があれば満足いく生活ができるのか。

今現在の自分のお金の適量を知ることがまず重要だと考えています。

そのためには、自分の家計収支をきちんと見つめ管理することが重要になります。

お金に踊らされる生活をするのではなく、選択と集中を意識した使い方をしていく必要があります。

 

さいごに

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。

私ですが、紙で家計簿をぽちぽちつけていたのですが、忙しくなるとどうしても書くのを忘れちゃうんですね。

また、カード決済と現金決済が入り混じっていて見るに堪えない残念な感じに・・・

家計簿をつけるのは収支の見える化と使いすぎの抑制が主になると思うのですが、こんなんでは目的は果たせません。

そこでアプリに切り替えたのですが、かなり良い感じのツールでした。

融通が利かない部分はありますが、私のような一人身でめんどくさがりで大まかな管理で十分な人間にとってはアプリで事足りると思いますのでオススメですよ。

 

お金の適量について教えてくれるありがたい本はこちら

www.timeismoneynontan26.com

お金の本読みました。

www.timeismoneynontan26.com