時間はあるけど金が無い

時間だけはあるので副業ネタなど。実践&紹介します。

【書評】年収200万円からの貯金生活宣言 著横山光昭 【家計方針】

f:id:nontan26:20170607064253j:plain

書評と今後の家計方針について記しておきます(個人的に)

こんにちは、皆さんは貯金、できてますでしょうか?
こういうブログ(小遣い稼ぎ、節約系)を読んでいるってことはきっちりお金の管理ができていてさらに情報収集している方、もしくは月々の給与じゃ貯金もできず満足いかないので少しでも副収入が欲しい方のどちらかだと思います。
前者の方はブラウザバックで推奨です。
この記事が後者の方のためになれば幸いです。

私も貯めれない人です。
この本を読む前と後で貯金を含めたお金の管理に気を払うことが増えました。

また、徐々に浪費癖も改善してきています。

 

 

目次

書評〜年収200万円からの貯金生活宣言〜

 

f:id:nontan26:20170607064255j:plain

著者紹介
著者:「横山光昭氏」
ファイナンシャルプランナーで多くの方の家計再生を行っており、そのノウハウを記したのが今回の著書である。


概要…

 

あなたはどうして貯金がしたいのか~貯金ができない人とは?
お金に関する具体的な目標が無い人が貯金をしようとしても基本的には難しいのだが、漠然とした目標しかないまま貯金したいという人が多いのではないだろうか。
著者も『貯金とはお金を使いたい気持ちをコントロールし、自分なりの考え方や価値観を持ち。それを家計に反映させること』とし『何のために貯めるのか』にフォーカスする必要があるとおっしゃっています。
例をあげると「なるべく多くのお金を残したい」Aさんと「半年後にハワイに行きたいので15万円貯めたい」Bさん、これだと後者のほうが貯まるって理屈です。
これが基本のマインド面で最重要項目なんじゃないかなと思います。
言われてみれば「そりゃそうよ」の一言ですが、言われるまであまり意識していなかったと個人的には思います。
みなさんは具体的な目標はありますか?


まずはお金のステージを理解する~管理する・学ぶ・使う
貯金生活が失敗しないように『常に自身が今どの地点にいるのか、何をすべきなのか考える必要がある』と著者は言っています。
家計を整理し、適切に動かす管理フェーズ・適切な投資を学ぶ(ギャンブル等の投機に手を出さない)マネーリテラシーを学ぶフェーズ・最後お金を適切に使用(運用)を行うフェーズ。
貯められない方の多くは消費や浪費が多かったり、カード払いなどで月々の収支が見える化されておらず、収入<支出になっているので管理フェーズができていない。
なのに投資などお金を増やすフェーズに注目しがち、だから失敗する。
まずは収入に合った適切な割合を考える。
家計簿をつけ、収入支出を見える化することが重要、貯金分が確保できていないため、まずは適正値に引き下げる必要がある。
そこでまず手をつけるのが固定支出の削減でしょう、無駄な支払いや聖域となっている無駄はないでしょうか?

 

消費、浪費、投資の割合を考える
適切な収支とはどのようなものか?
もちろん月によりイベントがあったり、個人の事情により固定支出が違ったりがあるため、一概にとはいえずまた、誰でも変動はあるが大凡マインドとして持っておきたい黄金比があるだろうと私は思う。
著者曰く『消費:浪費:投資の理想の目安は75:5:25』とのこと
ポイントは消費と浪費の見極めであろう、ここは少しでも無駄があるものは浪費の枠に入れ、収入の5%未満まで削ってしまいたいところである。
また、可能であればどんどん自分への投資を含めた投資の割合を増やしたいところである。

 

90日間貯金プログラム
著者が提唱する貯金法である、大まかな部分だけ抽出すれば、至って普通のことではあるが、家計簿をつける、カード払いはしない適切な収支比率を意識した生活を90日間送り、振り返りをかけるというものである。
詳細は記さないが、挫折しないような考え方や、貯めるための詳細なノウハウなどが紹介されている。
貯金したいと考えている方は一見の価値があると私は思う。


感想…

 
私もそうだったようにお金にずぼらな方って凄く多いと思います。
そういった方に限って儲け話大好きなんですよね、私だけだって?
そうそうタイトルですがこれは大嘘ですよね、月収(手取り)20万の貯金生活に変えた方がいい、まあ基本割合で書いてくれているので15万だろうが50万だろうがなんとでもなるとは思いますが。
書籍ですが難しいことが何も書いていないのでわかりやすく内容が入ってきました。
きっと少しでも多くの本当に困っている方が読んで理解し、実践できるようにするためなのかなと思います。
家計に困っている方は手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

家計方針〜実際に家計簿つけてます。


せっかくなので本書で推奨している90日間貯金プログラム実施中です。
現在60日目ですがもう酷いこと酷いこと
お金の数字の部分はこれから反省するとして、家計簿をつけるようになったのは非常に有益でした。
ちなみに見事に毎月2万円ほど支出>給与収入でした
また、横山氏の代名詞でもある消・投・浪の割合を意識することで少しずつ無駄遣いに対する罪悪感が芽生えてきました。
私の場合はコンビニで無駄な浪費をすることが多かったのですが、回数は徐々に減ってきています。
家計の適切な割合を数値化してあるのであとは少しでもそれに近づけ、さらに習慣化していくことだと思って日々の生活を送っています。